【道州制.com10周年企画御礼】

2月18日(土)当会の「道州制で日はまた昇る」~道州制.com10周年キックオフPJ~を品川区の荏原第4地域センターで開催致しました。 
 当日は、ほぼ1週間前の告知にも関わらず、40人余りの方に参加頂いた事には、まず感謝申し上げます。又、激励や応援のメールなど連絡頂いた方は100人を軽く超えます。重ねて御礼申し上げます。 

 当日のプログラム第一部は、市民道州制と道州制の現状プレゼンから始まり、各県自治体への道州制アンケート調査、橋下市長の関西州動向では参加された前議員からの生々しいレポートもあり激論がかわされました。 
又、第二部では、道州制.comの今後の活動提案として、道州制白書、即席の寸劇、そして始めたばかりのFaceBookを使って、47万人の「いいね」ワークショップを実施。 
 特にワークショップでは、私たちの活動をみんなで考えて欲しいという、身勝手な企画でしたが、全ての参加者の方にポジテイブなプランを出して頂いた事は、感謝というより驚きでした。すぐに実践可能なアイデイアも多数あり、47万人も夢物語ではないかもしれません。即実行に移していきたいと思います。 

 今回、参加者から多かった声は、道州制という壮大なテーマで10年活動しているということに対して、簡単に言うと「よくあきらめないなこの連中」という事でした。あきらめないでやってきた結果、この10年間でFacebookの威力で中東の政治体制が変わった様に、市民の連鎖がしやすい環境が整ってきています。私たちは、政治家まかせにはせず、市民から政治を社会を変えていきます。今回はあくまで、10周年のキックオフ、次の一手をうって行きます。 

 最後に、今、私はイベントが終わってすぐ、仕事でアメリカ出張に来ています。この様な私が代表でも活動が遂行できているのは、10年前から現在まで、素晴らしい仲間たちに恵まれたからです。 
 この場を借りて、メンバーのみんなにもお礼申し上げたいと思います。 
「有り難うございます。そして必ず市民道州制で私たちの目指す国を実現しましょう」 

(写真等は、後ほど掲載いたします。) 

道州制.com 
代表 藤井秀一