日本維新の会:風起こせるか 橋下・大阪市長が演説、有権者は賛否 /鹿児島

道州制を掲げる日本維新の会が全国遊説をスタートさせたみたいですね 
(大内) 


以下、記事転載============================ 



日本維新の会:風起こせるか 橋下・大阪市長が演説、有権者は賛否 /鹿児島 

毎日新聞 2012年10月21日 地方版 

 「日本維新の会」が全国遊説をスタートさせた鹿児島市の天文館は20日、代表の橋下徹・大阪市長の演説に耳を傾ける多くの有権者で混雑した。維新の会の県内での表立った活動は今回が初めて。県内でも維新の風は巻き起こせるのか。有権者からは橋下氏の演説に賛否の声が上がった。 

 街頭演説は市電通り沿いで行われ、歩道の半分は聴衆で埋まった。妻や娘を連れて聞きに来た同市易居町の酒店経営、椎田秀昭さん(75)は「自民も民主も役人の言いなり。改革が必要」と話し、橋下氏の演説を絶賛。同市下荒田の会社役員、吉俣要さん(77)も、維新が公約に掲げる道州制導入に賛同し「橋下さんに懸けたい」。 

 一方、懐疑的な声も。商店経営の男性(59)は、朝日新聞の取材拒否問題に触れ「言いたいこと言っているだけ。興味はない」と素通り。宮崎県小林市から買い物に来ていた僧侶の藤岡信了(しんりょう)さん(78)も「改革の連呼に危うさを感じる。一時的なブームに終わってしまう」と疑問を投げかけた。 

 10年参院選では、自民党の小泉進次郎衆院議員が同じ場所で街頭演説したが、今回、その時ほどの聴衆は集まらなかった。県内に維新の地方組織がないことの裏返しといえるが、県内の維新政治塾塾生は「事前告知ができなかった中で、それなりに人が集まった」と満足げに話した。 

==================================