県議会、初の一問一答制

岡山県議会が、初の一問一答制を行ったそうです。 
そのことよりも、あたり前のように、さらっと議題に「道州制」が加わっていることに驚きました! 

全国で、地域主権、道州制の議論が進んでいるようですね。(大内) 

以下、記事転載================================ 

県議会、初の一問一答制 

 県議会は19日、議員が一つ質問をした後に県幹部が答える「一問一答制」による初めての一般質問を実施。議員と答弁者が向かい合って論戦を繰り広げた。 

 従来は、議員が複数の質問を一括して行った後、県側が答える「一括質問制」だったが、今回から一問一答制も選べるようになった。26日までに質問する19人中、16人がこの方式で臨む予定。 

 19日に質問に立った4人は、いずれも一問一答制で、道州制や消費税増税、通学路の安全確保、学校の荒れ対策などについて県側をただした。質問した議員の1人は「(傍聴人に)分かりやすい質問ができたと思う。もっと突っ込んだ議論をするために、質問の仕方などを検証したい」と話した。答弁した石井知事は「県政の課題を分かりやすく示せると思う」と歓迎した。

 一方、傍聴した倉敷市の主婦(29)は「制度が変わっても、双方が台本を読んでいるように聞こえ、以前の議会と代わり映えしない印象。県民が知りたいことをズバッと聞いて、明快に答えるようなやり取りをしてほしい」と話した。 

(2012年6月20日 読売新聞) 

=======================================